Evernoteが同期しなくなった時のメモ

Evernoteが便利すぎる。
便利すぎて手元のmac3台とiPhoneにアプリ突っ込み、プレミアム会員にまでなってしまった。
そんなEvernoteだが、よく使う1台が急に同期してくれなくなった。
エラーメッセージは、

Synchronization failed because of an error communicating with the Evernoteservers.

とか。困った。どうしよう。
他のmacでは同期できてるので、原因はサーバ側ではなさそうだ。
とりあえずググってみると、

■[Mac][Evernote] Mac版Evernoteが同期できなくなったときの一対処法

などのエントリが。なるほど、特定のノートが壊れて同期できなくなったりすることがあるらしい。
しかし上記エントリの方法はConsole.appを使うらしい。
なんか難しそうだ。触ったことないぞ、それ。
要するに壊れたノートを何とかすればいいんだろ?

というわけで、もうちょっと簡単な、、、というかアナログチックな解決法のメモ。

私の場合はノート(メモ)を作ったらひとまず「_inbox」という名前のノートブックに入るようにしており、同期しなくなってからのノートも全部まだここにある状態。
Evernoteは基本サーバと勝手に同期だが、クライアント版ではサーバと同期しないノートブックも作れる。
まずはNew Notebookからこのローカルノートを作成。

  • 「_inbox」のノートをとりあえず全部ローカルノートブックへ突っ込み退避、同期ボタンぽちっ
    ・・・あっさり成功。
  • 一番下の(同期しなくなったときの)をローカルノートに残し、他をinboxへ戻して同期
    ・・・これも成功。ひと安心。これで問題のノートを特定。
  • 問題のノートは添付ファイルを3つ付けてたのだが、試しにこれを削除して同期
    ・・・あっさり成功。

あとは添付ファイルを付け直して完了っと。添付した時点で何かが起こっていたらしい。
今後同期しなくなっても上記の流れで対処出来そう。よかったよかった。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。